いまデリケートゾーンの色を気にしている女性が増えています。もともと色黒なわけでもないのに、どうして黒ずんでしまうんだろう、原因が分からず悩んでいる方が多いのです。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の沈着が原因です。肌は紫外線などの外的刺激を受けるとメラニン細胞が刺激され、皮膚の真皮を守ろうとメラニン色素を過剰に生成してしまうのです。もちろん肌のターンオーバーが正常に働いていれば、メラニン色素が生成されたとしても少しずつ排出されていきます。しかし、ターンオーバーが上手く行かないと、メラニン色素の排出ができずにどんどん沈着していき、その結果としてデリケートゾーンが黒ずんでしまうのです。

メラニン色素の沈着へとつながる外的刺激は紫外線だけではありません。肌に負担のかかるスキンケアや、剃刀などによる脱毛、下着の締め付けや摩擦も原因となります。ですから美容に力を入れるあまり、間違ったスキンケアや、カミソリによる脱毛、フラッシュ脱毛などで繰り返すなど、肌を刺激する行為はよくありません。良かれと思ってしていたことが、黒ずみの原因だったなんてショックですよね。

さらに化学繊維でできた下着やサイズの合わない下着などを一日中着用することで、摩擦や締め付けもメラニン色素の沈着を招いてしまいます。デリケートゾーンは他の部位よりも下着や洋服による摩擦や圧迫を受けやすいので、皮膚を守るために角層が厚くなり、結果として肌が黒ずんでしまいます。デリケートゾーン周辺の肌は他の部位よりも敏感で刺激に弱いので、出来るだけ肌を刺激するような行為は避けなければいけません。

ほかにも食生活の乱れ、睡眠不足、過剰なストレス、ホルモンバランスの乱れは、肌のターンオーバーのサイクルが乱れる原因となりますし、古い角質の排出も上手くできなくなり、黒ずみの原因となります。妊娠するとホルモンバランスが乱れやすくなるので特に注意が必要です。デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには生活そのものを見直す必要があるのです。