skincare

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには生活そのものを見直す必要がある

いまデリケートゾーンの色を気にしている女性が増えています。もともと色黒なわけでもないのに、どうして黒ずんでしまうんだろう、原因が分からず悩んでいる方が多いのです。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の沈着が原因です。肌は紫外線などの外的刺激を受けるとメラニン細胞が刺激され、皮膚の真皮を守ろうとメラニン色素を過剰に生成してしまうのです。もちろん肌のターンオーバーが正常に働いていれば、メラニン色素が生成されたとしても少しずつ排出されていきます。しかし、ターンオーバーが上手く行かないと、メラニン色素の排出ができずにどんどん沈着していき、その結果としてデリケートゾーンが黒ずんでしまうのです。

メラニン色素の沈着へとつながる外的刺激は紫外線だけではありません。肌に負担のかかるスキンケアや、剃刀などによる脱毛、下着の締め付けや摩擦も原因となります。ですから美容に力を入れるあまり、間違ったスキンケアや、カミソリによる脱毛、フラッシュ脱毛などで繰り返すなど、肌を刺激する行為はよくありません。良かれと思ってしていたことが、黒ずみの原因だったなんてショックですよね。

さらに化学繊維でできた下着やサイズの合わない下着などを一日中着用することで、摩擦や締め付けもメラニン色素の沈着を招いてしまいます。デリケートゾーンは他の部位よりも下着や洋服による摩擦や圧迫を受けやすいので、皮膚を守るために角層が厚くなり、結果として肌が黒ずんでしまいます。デリケートゾーン周辺の肌は他の部位よりも敏感で刺激に弱いので、出来るだけ肌を刺激するような行為は避けなければいけません。

ほかにも食生活の乱れ、睡眠不足、過剰なストレス、ホルモンバランスの乱れは、肌のターンオーバーのサイクルが乱れる原因となりますし、古い角質の排出も上手くできなくなり、黒ずみの原因となります。妊娠するとホルモンバランスが乱れやすくなるので特に注意が必要です。デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには生活そのものを見直す必要があるのです。

しみを薄くするために摂取すると良い成分まとめました

しみができやすい場所、と言えば、やはり顔、顔の中でも頬、目の下辺りにできてしまう人が多いでしょう。

その理由は、紫外線を浴びやすい場所だから。
また、他にも無自覚にこする場所だったり、血行が悪い部分にしみはできやすい、と言われています。

ひとつあるだけで一気に老けた印象を与えてしまう、しみ。どうすれば薄くすることができるのでしょうか、摂取すると良い成分まとめました。

しみ治療、と言えばやっぱりハイドロキノン!

しみ、と言えばやはりハイドロキノンの出番です。その効果は肌の漂白剤と言われるほど。ただ、ちょっと刺激が強いんですよね。
合うか合わないか、があるので使う際はまず腕の内側や顔の目立たない部分に少量塗ってみましょう。刺激を感じなかった場合はしみに直接つけてもOKです。

ちなみに、ハイドロキノンは光毒性を持っているため、朝ハイドロキノンを使用する場合はこれでもか、としっかり日焼け止めを塗ってください。
しかも朝塗るだけではなく3、4時間ごとに塗りなおしてあげてくださいね。

光毒性、というのは太陽の光を浴びることにより日焼けや水泡の原因になる、ということ。
ハイドロキノンを塗って日焼け止めを塗らずにいたら、しみを消すために塗っているのに全てが無駄というよりもむしろもっとひどい状態にまで陥ってしまうんです。それはもう色素沈着レベルに。
そうならないためにも日焼け止めはしっかり塗りましょう。

トレチノインと併用すればさらに効果アップ!?しみ撲滅も夢じゃない

ハイドロキノンだけでは満足できない、という方にはトレチノインとの併用がおすすめです。
トレチノイン、というのは、ビタミンA(レチノール)の誘導体のこと。レチノールといえばエイジングケア化粧品に含まれている成分ですね。

ピーリング効果、ターンオーバーの促進効果が高いのでさらに効果を感じやすくなるのです。

ただひとつ注意が必要なのが、クリニックに通うでもなく個人輸入でトレチノインとハイドロキノンを購入してなんとなく使ってしまうと、肌の状態がものすごく悪くなってしまうことがある、という点です。きれいな肌になるためにやっているのにそれでは台無しですよね。

どちらの成分も効果が高く刺激の強い成分、だからこそ、きちんとクリニックに通って肌状態を診てもらいながら、のしみ治療がおすすめです。
まずは一度受診を。お医者さんに相談してみましょう。きっと道はひらけるはずです。

陰部の臭いは細菌が原因!すそわきがの原因と対策法について

わきがに比べるとあまり知られていない「すそわきが」は、陰部が臭ってしまう症状になります。この症状は女性にとってとても深刻なことになります。それでは、すそわきがの原因や対策法について紹介していきます。

すそわきがの原因とは?

わきがの原因となるアポクリン汗腺は、脇だけでなく陰部にある場合があり、それが原因となって臭ってしまいます。このことを「すそわきが」といい、臭いの元は細菌になります。アポクリン汗腺と皮脂腺から分泌される脂肪酸や鉄分などを細菌が分解することによって、すそわきが特有の嫌な臭いが発生します。そして、すそわきがでなくても陰部が臭ってしまうことがあります。陰部の汗や尿やおりものや経血は、細菌が増える原因となります。細菌はそれらを栄養源とし増えるので、すそわきがじゃなくても陰部が臭ってしまうことがあるのです。また、女性だけに起こる病気によって陰部が臭ってしまうこともあります。それは、子宮頸がんや淋病や細菌性膣炎などの病気になります。これらの病気にかかると臭いがきつくなったり、おりものが増えたりするので注意するようにしましょう。そのため、陰部に異常を感じたら速やかに専門の病院で診てもらうようにしましょう。

陰部の臭いの対策法

すそわきがなどの臭いの元は細菌になるので、清潔を心掛けることが対策法になります。お風呂で普通に洗っても、陰部の垢などの汚れをしっかりととることは困難なことになります。そのため、汚れが溜まりやすい部分をしっかりと洗うことが大切になります。特に陰部の大陰唇や子陰唇の溝は垢や汚れが溜まりやすいので、きちんと洗うと良いでしょう。しかし、ゴシゴシと強い力で洗ってはいけません。陰部はとてもデリケートで、ダメージを受けやすい部分になります。そのため、洗う時は指の腹を使い優しく洗いましょう。また、刺激の強いボディーソープを使用すると、皮膚に必要な常在菌を洗い流してしまうことになります。常在菌が少なくなると細菌が増えやすくなり、それが臭いの原因となるので注意が必要です。そのため、皮膚に優しい刺激の少ないデリケートゾーン専用のものを使用して洗うことをオススメします。それと、汗や蒸れやおりものは細菌が増える原因になるので、下着はなるべく替えるようにしましょう。

まとめ

以上のように陰部の嫌な臭いの原因は細菌となるので、清潔を心掛けることが一番になります。男性はすそわきがで好きな人を嫌うことはありませんが、匂いはマナーの一つなので、なるべく清潔を心掛けて陰部の嫌な臭いを軽減するようにしましょう。

イビサソープの口コミ

手の甲に年齢を出さないようにするための日頃のケア

手の甲というのはもっともその人の年齢を表すパーツであることは、実は知らない女性は結構多いようです。手を振ったり食事をしたりと、そのシチュエーションごとに何気なく手の甲というのは他人から見られていることが多いものなのです。

たまたま差し出された手を見たらたくさんのシミが出来ていたりシワが出来ていたら、男性ならずとも同性でもギョッとしてしまうものです。顔の美白やシワケアなどには力を入れる女性が多いのに、なぜか手の甲は放置してしまうというのは本当に勿体無い話です。手の甲に年齢を出さないようにするための日頃のケアについてアドバイスをしたいと思います。

まず、手の甲の老化にもっとも影響するのは紫外線です。外出している時に手の甲に直射日光は意外と当たりやすいので、まずは紫外線防止対策を完璧にすることが肝心です。出かける時には日焼け止めクリームをしっかり手の甲に塗り込みます。

なるべくSPFの強いものを選んだ方が、より効果があります。そしてできれば夏でも手袋をした方が良いのですが、これは抵抗がある人も多いと思うので、とりあえずは一時間おきに日焼け止めクリームを塗り直すようにしましょう。最近は飲むタイプの日焼け止めサプリも発売されているので、そういったものと日焼け止めクリームを併用すればほぼ紫外線はカットすることが出来ますのでおすすめです。

日焼け対策を完璧にしたら、あとは保湿対策が重要になります。皮膚の乾燥は老化を一気に進めてしまう要因になります。もともと年齢が進むにつれてうるおい成分を閉じ込めるセラミドやコラーゲンといった保湿成分は失われていきますから、それを少しでも補ってあげることが大切です。

セラミドやコラーゲンは皮膚の上から塗っても良いのですが、同時にサプリでも摂取しておくと体の内外からのダブル効果でお肌の乾燥を阻止することができるのでおすすめです。

そして夜寝る前には、高保湿美容液やハンドクリームなどなんでも良いのですが、しっかりと手の甲に塗って保湿をした後にコットンの手袋をしてそのまま就寝するようにしましょう。こうすることで寝ている間ずっとうるおい成分を皮下細胞にしっかり閉じ込めることができるので翌朝の手が生まれ変わったように若々しい状態に戻ります。これを毎日ではなくても、最低でも1週間に2日程度行なってあげるだけで、大きな違いが出てきます。

日焼け止め乳液の効果的な使用方法、これさえ守っていれば大丈夫

オゾン層の破壊や温暖化の影響で紫外線の量は年々増えている現代社会では、日焼け止めを使用したことがないという方はほぼ皆無でしょう。

老若男女問わず多くの人が使っている日焼け止めですが、殆どの人がその使用方法に誤りがあります。
まずは日焼け止め乳液の正しい使い方からご紹介します。

〈ポイント①〉

『適量を理解すること』

最近では少しお値段高めな乳液を使う女性が多いですが、間違っても「節約」なんてしてはいけません。そしてたっぷり塗るというのもNGです。
10cm?に小豆一つ分くらいの量を塗るのがベストです。
それより少ないと強い紫外線にバリアが簡単に壊されてしまいますし、多すぎると肌に負担かかかり乾燥の原因にもなります。

〈ポイント②〉

『肌に擦り込まないこと』

乳液なので、基礎化粧品と同じ要領で使用している方も多いですが、これは誤りです。
日焼け止め乳液は肌に擦り込んではいけません。
乾いた時に膜が張るように、また少しペトっとするくらいがベストです。擦り込んでしまうと作られるはずのバリアがぐちゃぐちゃになり隙間から紫外線が入り込んでしまいます。「日焼け止め塗ってるのにず焼けてしまう・・・」という原因がこれです。

〈ポイント③〉

『塗り直しの時間を守りましょう』
日焼け止めは約2時間置きに塗り直すのがベストです。
なぜなら人は自然と汗をかきますし、例えデスクワークでも衣服の摩擦などで日焼け止めが落ちてしまうからです。脂の浮きやすい小鼻や頬などは特に落ちやすいので、普段より高い頻度で化粧直しに行きましょう。

【どれを選ぶか迷っているあなたへ】

日焼け止めは年々種類も豊富になって、各メーカーから様々なタイプの日焼け止めが発売されています。
従来の乳液タイプから、最近ではスプレータイプやシートタイプまで出ています。

お値段もピンからキリまであるので、何を選ぶか迷う方も多いでしょう。

そこで今から「何がどう違うのか」も含め、生活環境と使用シーンに合った日焼け止めの選び方をご紹介します。

〈ポイント①〉

『使用シーンに合ったSPFを選びましょう』

SPFとは紫外線β波が肌に及ぼす影響を遅らせることを数値化したものです。
人間は、日焼けをするまで約10~20分かかると言われています。
どう数値で表すかと言いますと、

例)SPF50の日焼け止めを使った場合
10分×50倍=500分(約8.5時間)
といった形で計算します。

※ちなみに、8.5時間予防すると言えど先程お伝えしたように「汗」「服の摩擦」などで落ちてしまうため、完璧に予防するには「2時間で塗り直す」ということが必要です。

ですので、SPF50にするかSPF30にするかはその日どこに行くか?何をするか?を考慮して選ぶべきです。海やレジャーには50がお勧めですし、オフィスワークのお仕事に行くくらいなら30で充分です。

〈ポイント②〉

『高いもの≠効果的』
お値段が高いとそれなりに効果も良いと思われがちですが、高いお値段のものは「ブランド」や「宣伝費」や「肌に良い成分」にお金がかかっているだけで、日焼け予防の効果は安価なものと変わりません。

逆に安価なものはブランドでもなければ、肌に良い成分を使っているわけでもありません。単純に「焼けないように」するだけのものです。
ただ、高いものはヒアルロン酸などそれなりに良い成分が入っているので、肌に負担を感じる方は保湿系の良いものを使った方がいいです。

〈ポイント③〉

『日焼け止めの様々なタイプ』

朝お出かけの前に使うのも、お直しに使うのも乳液タイプがオススメです。乳液タイプは手で塗るので、「塗れてる箇所、塗れてない箇所」が分かりやすいのと、塗り方を正しくさえすればキレイにバリアが張られます。

また、仕事などで忙しくて塗り直しの時間がとれないかたはスプレータイプがオススメです。スプレーならメイクの上からも使えますし、忙しい時にシューつとスプレーするだけなので時短に繋がります。この時注意なのが、スプレーはムラができやすいので全体に均等に行き渡るように使いましょう。
また、シートタイプは普段使いにはお勧めしません。

冒頭でお話したように、日焼け止めは「膜」を張るように塗ることが大事なので、シートタイプですと充分な量を塗ることが出来ません。スプレーする時間もないくらいどうしても忙しい時にだけ使うようにしましょう。

基本的な日焼け止めの使用方法のアドバイスは以上です。
これさえ守っていれば「塗ってるのに気づいたら真っ黒に・・・」なんてこともなくなります。毎日心がけましょう。

飲む日焼け止めサプリのホワイトヴェールも活用していきましょう。

正しい肌ケアをしたとしても効果が出るのも1ケ月後

大前提として知っておきたい事は、肌(皮膚)は一番最後に症状が現れます。

期間としては1ケ月掛かるので、今自身に起こっている何らかの肌トラブルは1ケ月前の不摂生が原因なのです。
つまり、今から正しい肌ケアをしたとしても効果が出るのも1ケ月後だという事を覚えておいてください。

勿論ニキビケア等はもう少し早く改善はします。

しかし、大元の原因が改善している訳ではないので、またすぐにニキビは出てしまいます。
最低でも1ケ月正しいケアをしなければ、治ったとはいえないのです。

今出ている肌異常の治療と、肌状態の改善は別の話だと認識しましょう。

豆腐・野菜・芋類をメインに食べましょう。
それを続けるだけで、肌状態は驚くほど改善します。
完全に効果が出るのは1ケ月後ですが、半月あたりから体調が良くなります。
単純に言えば、和食中心の生活をすると肌トラブルは治ります。

逆に避けたいのが、揚げ物・ジャンクフード・冷たい飲み物です。
揚げ物は週1回程度にしておきましょう。
ジャンクフードはできる事なら、自分からは食べずに付き合い等のどうしても避けられない時限定にしましょう。
インスタント食品も同様です。

冷たい飲み物は、運動前や出勤前等の身体を動かす前以外ではお勧めできません。
外の気温に関わらず、冷えた飲み物は内臓を冷やし新陳代謝を下げてしまいます。
落ち着く時、休む時は季節に関係なく温かい飲み物を飲みましょう。
完全に避けるのは不可能なので、タイミングを調整しましょう。

肌ケアと銘打ってはいますが、結局の所身体のトラブルは全て「体調不良」です。
つまり、健康に近づけば自然と治っていきます。
世には色々な美肌になる方法が溢れていますが、基本的には全て似ています。
それも当然、書かれているのは結局健康対策だからです。

特にサプリメントは栄養の塊ですが、それを効率よく吸収できるかは体調依存です。
食事からとれるのであればそれに越したことはなく、身体が弱っている時には効果も弱くなります。

肌を治すのが薬、肌トラブルにならない身体を作るのが食事です。
薬段階で終わっていては、美肌には辿り着けないのです。

皮膚のたるみの原因、一番確実な治療方法

美肌を損なう原因であるたるみ。

年を重ねるごとに肌のたるみを鏡で確認できるようになります。美容に意識が高い人ほどこの変化は耐え難い事です。ここでは皮膚のたるみについて知りましょう。

年を取ってくると顔の頬やあごなどに皮膚のたるみが出てくるようになります。特にはあごの分部のたるみはニ重顎などとも呼ばれて嬉しくない外観の変化と言えます。

このたるみが起こる原因は年齢を重ねた事で真皮の膠原線維や弾性繊維が減ったり変成する事にあります。結果その働きが弱くなります。それに、皮下脂肪の量も増えます。

特に体の内部や骨や筋肉と皮膚をしっかりと密着させるために大事な働きがある、弾性繊維の働きが落ちる事から、骨や筋肉と皮膚の密着が弱くなります。その事で皮膚自身の重みにより垂れ下がり、たるみになるのです。

また、年齢を重ねるごとに骨の容積も減っていきますが、特に顔の場合は骨の容積の減りが目立つ事から、皮膚のたるみが余計に強調されるのです。

たるみの治療方法として一番確実なのはたるんだ皮膚や皮下脂肪を外科的な手術によって取り除く事です。ですが欠点としては麻酔が必要になる事と、傷跡が残ってしまう事です。ですから、最近ではあまり人気がないやり方になってきています。代わって光治療などが増えてきています。

光治療は真皮の膠原線維や弾性繊維を改善させるやり方と、脂肪を減らす方法があります。真皮の膠原線維や弾性繊維を改善させるやり方ではレーザーなどによる光治療が良く使われるようになっています。

また炭酸ガスレーザーや近赤外線、ラジオ波などの機器が皮膚のたるみを改善できる事も分かってきています。これは、光や高周波の熱エネルギーが真皮の膠原線維や弾性繊維に吸収される事によって、新たな膠原線維や弾性繊維が再構築されるからです。結果的に皮膚を引き締めて、ハリやたるみを改善できます。

脂肪を減らすやり方は特別な超音波を皮膚に当てます。超音波が脂肪細胞や脂細胞膜を壊して、皮下脂肪の容積を減らす事ができます。美肌の敵である肌のたるみ。鏡を見るたびに自分が確実に老いている事を実感する変化です。今はたるみの治療方法も確立されているので、検討してみてもいいかもしれませんよ。

できてしまったニキビをあなたは手荒に扱ってませんか?

ニキビ跡に悩まされている女性のみなさん、あなたはその悩み解決したくありませんか?

ニキビ跡があると肌がすごく汚らしく見えてテンションが下がります。そんなニキビ跡を予防&改善するためにニキビ跡の原因とできてしまったニキビ跡の改善方法をご紹介しましょう。ニキビ跡の原因で一番多いのがニキビへのダメージです。できてしまったニキビをあなたは手荒に扱っていないでしょうか?

どうにかしてニキビを目立たなくするために潰したり、何度も顔を洗って汚れを取ろうとする行為はニキビにダメージを与えます。ニキビを必要以上に刺激するとこれが後々ニキビ跡の原因となってくるのです。ニキビ跡ができるのが嫌な人は顔のニキビを潰したり、顔を洗顔で洗いすぎたりするのをやめましょう。

これに注意することがニキビ跡の改善ケアに繋がります。ニキビやニキビ跡でお悩みの方はこのような改善方法を試してみましょう。思春期の頃にニキビがたくさんあった人にありがちですが、無理やりニキビを潰すことも酷いニキビ跡の原因になるのです。

あまりニキビに持続してダメージを与えていると、やがてコラーゲン組織が壊れて、クレータ―ニキビ跡なるものができることもあります。クレーターニキビ跡は凹凸のあるお肌になって肌の汚さに後々悩むことになるでしょう。自分のニキビ跡に打ちのめされたくない人は早めに改善策を行いましょう。

すでにニキビ跡ができてしまった場合は美容皮膚科や美容クリニックに通うことをオススメします。ニキビ跡の専門機関でよく見てもらい、ケミカルピーリングやレーザーなどを用いてみましょう。お金はかかりますがこれをしっかりと続けて治療して行けばニキビ跡は少しずつ治っていくでしょう。

美容施設がダメなら医療機関でもいいですよ。そこでステロイド注射やレーザー治療するのが一番いい方法のニキビ跡ケアになります。それからニキビがある人はニキビ跡を作らないためにできているニキビを治すことに専念してください。ニキビ跡はニキビが刺激されて悪化したせいでできます。ですからニキビを治すことが一番重要なニキビ跡改善ケアになるのです。