正しい肌ケアをしたとしても効果が出るのも1ケ月後

大前提として知っておきたい事は、肌(皮膚)は一番最後に症状が現れます。

期間としては1ケ月掛かるので、今自身に起こっている何らかの肌トラブルは1ケ月前の不摂生が原因なのです。
つまり、今から正しい肌ケアをしたとしても効果が出るのも1ケ月後だという事を覚えておいてください。

勿論ニキビケア等はもう少し早く改善はします。

しかし、大元の原因が改善している訳ではないので、またすぐにニキビは出てしまいます。
最低でも1ケ月正しいケアをしなければ、治ったとはいえないのです。

今出ている肌異常の治療と、肌状態の改善は別の話だと認識しましょう。

豆腐・野菜・芋類をメインに食べましょう。
それを続けるだけで、肌状態は驚くほど改善します。
完全に効果が出るのは1ケ月後ですが、半月あたりから体調が良くなります。
単純に言えば、和食中心の生活をすると肌トラブルは治ります。

逆に避けたいのが、揚げ物・ジャンクフード・冷たい飲み物です。
揚げ物は週1回程度にしておきましょう。
ジャンクフードはできる事なら、自分からは食べずに付き合い等のどうしても避けられない時限定にしましょう。
インスタント食品も同様です。

冷たい飲み物は、運動前や出勤前等の身体を動かす前以外ではお勧めできません。
外の気温に関わらず、冷えた飲み物は内臓を冷やし新陳代謝を下げてしまいます。
落ち着く時、休む時は季節に関係なく温かい飲み物を飲みましょう。
完全に避けるのは不可能なので、タイミングを調整しましょう。

肌ケアと銘打ってはいますが、結局の所身体のトラブルは全て「体調不良」です。
つまり、健康に近づけば自然と治っていきます。
世には色々な美肌になる方法が溢れていますが、基本的には全て似ています。
それも当然、書かれているのは結局健康対策だからです。

特にサプリメントは栄養の塊ですが、それを効率よく吸収できるかは体調依存です。
食事からとれるのであればそれに越したことはなく、身体が弱っている時には効果も弱くなります。

肌を治すのが薬、肌トラブルにならない身体を作るのが食事です。
薬段階で終わっていては、美肌には辿り着けないのです。

SNSでもご購読できます。