皮膚のたるみの原因、一番確実な治療方法

美肌を損なう原因であるたるみ。

年を重ねるごとに肌のたるみを鏡で確認できるようになります。美容に意識が高い人ほどこの変化は耐え難い事です。ここでは皮膚のたるみについて知りましょう。

年を取ってくると顔の頬やあごなどに皮膚のたるみが出てくるようになります。特にはあごの分部のたるみはニ重顎などとも呼ばれて嬉しくない外観の変化と言えます。

このたるみが起こる原因は年齢を重ねた事で真皮の膠原線維や弾性繊維が減ったり変成する事にあります。結果その働きが弱くなります。それに、皮下脂肪の量も増えます。

特に体の内部や骨や筋肉と皮膚をしっかりと密着させるために大事な働きがある、弾性繊維の働きが落ちる事から、骨や筋肉と皮膚の密着が弱くなります。その事で皮膚自身の重みにより垂れ下がり、たるみになるのです。

また、年齢を重ねるごとに骨の容積も減っていきますが、特に顔の場合は骨の容積の減りが目立つ事から、皮膚のたるみが余計に強調されるのです。

たるみの治療方法として一番確実なのはたるんだ皮膚や皮下脂肪を外科的な手術によって取り除く事です。ですが欠点としては麻酔が必要になる事と、傷跡が残ってしまう事です。ですから、最近ではあまり人気がないやり方になってきています。代わって光治療などが増えてきています。

光治療は真皮の膠原線維や弾性繊維を改善させるやり方と、脂肪を減らす方法があります。真皮の膠原線維や弾性繊維を改善させるやり方ではレーザーなどによる光治療が良く使われるようになっています。

また炭酸ガスレーザーや近赤外線、ラジオ波などの機器が皮膚のたるみを改善できる事も分かってきています。これは、光や高周波の熱エネルギーが真皮の膠原線維や弾性繊維に吸収される事によって、新たな膠原線維や弾性繊維が再構築されるからです。結果的に皮膚を引き締めて、ハリやたるみを改善できます。

脂肪を減らすやり方は特別な超音波を皮膚に当てます。超音波が脂肪細胞や脂細胞膜を壊して、皮下脂肪の容積を減らす事ができます。美肌の敵である肌のたるみ。鏡を見るたびに自分が確実に老いている事を実感する変化です。今はたるみの治療方法も確立されているので、検討してみてもいいかもしれませんよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*