陰部の臭いは細菌が原因!すそわきがの原因と対策法について

わきがに比べるとあまり知られていない「すそわきが」は、陰部が臭ってしまう症状になります。この症状は女性にとってとても深刻なことになります。それでは、すそわきがの原因や対策法について紹介していきます。

すそわきがの原因とは?

わきがの原因となるアポクリン汗腺は、脇だけでなく陰部にある場合があり、それが原因となって臭ってしまいます。このことを「すそわきが」といい、臭いの元は細菌になります。アポクリン汗腺と皮脂腺から分泌される脂肪酸や鉄分などを細菌が分解することによって、すそわきが特有の嫌な臭いが発生します。そして、すそわきがでなくても陰部が臭ってしまうことがあります。陰部の汗や尿やおりものや経血は、細菌が増える原因となります。細菌はそれらを栄養源とし増えるので、すそわきがじゃなくても陰部が臭ってしまうことがあるのです。また、女性だけに起こる病気によって陰部が臭ってしまうこともあります。それは、子宮頸がんや淋病や細菌性膣炎などの病気になります。これらの病気にかかると臭いがきつくなったり、おりものが増えたりするので注意するようにしましょう。そのため、陰部に異常を感じたら速やかに専門の病院で診てもらうようにしましょう。

陰部の臭いの対策法

すそわきがなどの臭いの元は細菌になるので、清潔を心掛けることが対策法になります。お風呂で普通に洗っても、陰部の垢などの汚れをしっかりととることは困難なことになります。そのため、汚れが溜まりやすい部分をしっかりと洗うことが大切になります。特に陰部の大陰唇や子陰唇の溝は垢や汚れが溜まりやすいので、きちんと洗うと良いでしょう。しかし、ゴシゴシと強い力で洗ってはいけません。陰部はとてもデリケートで、ダメージを受けやすい部分になります。そのため、洗う時は指の腹を使い優しく洗いましょう。また、刺激の強いボディーソープを使用すると、皮膚に必要な常在菌を洗い流してしまうことになります。常在菌が少なくなると細菌が増えやすくなり、それが臭いの原因となるので注意が必要です。そのため、皮膚に優しい刺激の少ないデリケートゾーン専用のものを使用して洗うことをオススメします。それと、汗や蒸れやおりものは細菌が増える原因になるので、下着はなるべく替えるようにしましょう。

まとめ

以上のように陰部の嫌な臭いの原因は細菌となるので、清潔を心掛けることが一番になります。男性はすそわきがで好きな人を嫌うことはありませんが、匂いはマナーの一つなので、なるべく清潔を心掛けて陰部の嫌な臭いを軽減するようにしましょう。

イビサソープの口コミ

SNSでもご購読できます。